時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Solo Sunday Morning Ride:東山 | トップページ | 通バイ開始 »

2012年5月 7日 (月)

きたぐに:まとめ

撮り鉄復活のきっかけは“きたぐに”をテーマにした写真コンテストが開催される情報を昨年末に入手してからでした。

“きたぐに”は寝台列車なので長岡で撮るには深夜か早朝になり、この冬は大雪で撮影地までの雪道は結構大変でした。
*塚山の帰りに2台前の車がスピンしたのにはビックリしました…

“きたぐに”メインで撮影に出かけたのは通勤途中も含めると、14回でした。
今思うと結構行ったなあと思います。

さて、そのコンテストの結果は佳作でした。
鉄道写真のコンテスト応募は初めてで、入選出来て素直に嬉しかったです。

いままでにも色々なコンテストに応募し、入選した事がありますが、どれもコンテスト向けに撮った訳ではなく、今回の様にコンテスト応募が目的での撮影は初めてでした。

入選作品は版権が主催者に移ったので、ここでは表示できませんがその他の画像をまとめてみました。

Kitaguni_000

Kitaguni_001

Kitaguni_002

Kitaguni_003

Kitaguni_004

Kitaguni_005

Kitaguni_006

Kitaguni_007

Kitaguni_008

Kitaguni_009

Kitaguni_010

Kitaguni_011

Kitaguni_012



« Solo Sunday Morning Ride:東山 | トップページ | 通バイ開始 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ゆきぐきをゆくきたぐに。

当面、臨時便扱いで残るとはいえ一年もしたら
消滅するのでしょうね・・・

きたぐにはどこのくに。

新潟ってきたぐになのでしょうかねぇ。
ゆきぐにではあるけど、北ってほど北ではないですし…

さて、一般のお客様からすれば、車齢40年超の列車に好き好んでは乗りませんよね。

デビュー当初は世界初の寝台電車で、客車より電車の方が快適と言われていましたが、古すぎますね。

今話題の高速バスに勝るサービスかポイントが無ければ、寝台列車が生き残る道は厳しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Solo Sunday Morning Ride:東山 | トップページ | 通バイ開始 »