時計

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 6月15日の稽古(宮内小) | トップページ | 無線ルーター »

2011年6月16日 (木)

サイクルコンピュータ電池交換

MTBのサイクルコンピュータ(無線式)のスピード表示が、先週から点滅する様になりました。
説明書を確認すると、センサー側の電池交換が必要との事。

ついでにケイデンス用のマグネットが、ブラブラしていたので両面テープを貼り直し、結束バンドでクランクに固定。

ケイデンスの動作確認をしたら、数値は0のまま…
ケイデンスが出ないだけでなく、スピード表示も0のまま…あれ?
マグネットの位置が少しずれたのが原因かと思い、センサー位置を再調整したけど原因は他に有りそう。

説明書を読み直すと、電池交換後はIDの照合が必要って書いてある。
手順通りに行いつつも、照合できない…
何度繰り返してもダメ…

本体をオールクリア(初期化)したら照合できた…
でも説明書には本体の初期化が必要とは書いてないぞ!
※初期化するとODOMETER、タイヤ周長、時計も再設定が必要で面倒なのに。

このサイクルコンピュータは、製品仕様に対して説明書が不適切 / 説明書に対して製品仕様が不適切 / 不良品のどれかだと思う。

とココまで書いて本現象についてググってみたら、同じ様な不具合でメーカへ検査に出した人がいました。

メーカからの回答は“電池交換後はACボタンを押してからID照合を行う様に”との事。
となると、説明書の記載内容が不適切って事になりますな。

ちょっと待てよ、そうなると“コンピュータの設定変更[メニュー画面]”項にある、“センサーID照合”はどんなときに使うのだろう?

Img_6429

« 6月15日の稽古(宮内小) | トップページ | 無線ルーター »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月15日の稽古(宮内小) | トップページ | 無線ルーター »