時計

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« グランフォンド糸魚川2009 Vol.1 | トップページ | グランフォンド糸魚川 2009 Vol.3 End »

2009年9月28日 (月)

グランフォンド糸魚川 2009 Vol.2

昨日の記事から続き…

Start-Aid Station 1 (AS1)
15名ずつが順番に8時スタート。自分たちは多分10番目くらいのポジションでした。
走り出して直ぐに前の組に追い着き、S原君の後に着く。

海沿いの自転車道を走っているとき、“通バイで一緒に走っているけど、ロードは久しぶりだね”なんて話していたら、早くもS原君の後輪がパンク…
あらら、2年前の様にパンクの連続となるのか…

名立川沿いのR245でペースメーカーが外れフリーに。
毎年ココで頑張りすぎて撃沈しているので、今度こそ自分のペースで…
と思っていたらクライマーFさんが飛び出して(昨年と同じだ)前へすっ飛んで行ったのに、Fin’s軍団の人は誰も反応しない…

母袋峠に入るまで、普段なかなか話しが出来ない※山さんと話しが出来ました。

昨年はココの峠を越えた後の下りでパンクし、恐い思いをしたんだったな…

AS1
グランフォンド糸魚川の楽しみは、なんと言っても充実したエイドステーション(AS)です。
笹寿司、いなり寿司、おにぎり、笹団子、オレンジ、ブドウ(今年から)、バナナと飲み物があり、一つずつ戴いてもお腹いっぱいになってしまう…しかもご飯モノは全て新米!
それから、飲み忘れていたアミノバイタルをココで投入。
Dscf6800 Dscf6801

AS1-AS2
ここからはS山君、I井さんにくっついていく事に…
このコースで一番高い“こえど越”は、今年も悪魔オジサンが声援を送ってくれていました。
Dscf6803

AS2前でクラウンのパトカーに抜かれる…しかし、だいぶゴム臭い…
そんなに飛ばせるような道ではないのに、あの臭いって事は安いタイヤなのか…

AS2
ここは味噌汁と手作りの梅干しがあり、塩分補強も出来て良かった。
出ようとしたところに、だいぶ後からスタートしたS村君(昨年まで技大生で、今年から社会人になった)が追い着いてきたけど、次のASまで追い着くだろうからと先に出発。
Dscf6807

AS2-AS3
今年もありました私設エイド!
個人のお宅でカレーを振る舞ってくれています。
素通り出来るはずもなく、ありがたくカレーを戴きます。
ココでS村君が追い着いてきた。
食べ過ぎるとすぐの上りできつくなるから少なめにしようと思っていても、結局普通に盛ってしまい美味しく戴いてしまった。
Dscf6810 Dscf6812

予想通りAS3前の二つの峠で、やっぱり食べ過ぎたと後悔…
でも食べないで後悔するより、こっちの方がいいか…

To be continued

« グランフォンド糸魚川2009 Vol.1 | トップページ | グランフォンド糸魚川 2009 Vol.3 End »

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
ペースメーカー今年もいたんですね。
じゃ早々にトレインで先頭にいたんですね。
あー私もそこに痛かった。
さらにF師に乗っていけば予定通りだったのに。
残念。

今年はなんかゆっくり目でしたから、確かにF氏についていけば、ポイントゲット出来たかもしれませんね。
でもパンク1回で済んで良かったじゃないですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランフォンド糸魚川2009 Vol.1 | トップページ | グランフォンド糸魚川 2009 Vol.3 End »