時計

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

インド出張9日目

完全ではないものの大分良くなったので今日から仕事復活です。

それにしても今回の下痢と熱はつらかった…

お腹にあるものは全部出てしまったので、グランフォンドに向けての軽量化には貢献したかもしれません。

昨日行ったPRIVAT HOSPITALをインターネットで調べたら、邦人には評判の良い病院の様でした。

公的機関の病院は注射の針を使い回しているらしく、お奨めではないらしいです。(当たり前か)

路肩を逆走してくるダンプ(こっちに来るな~!)
Dscf2262

2008年9月29日 (月)

インド出張8日目:病院

朝になっても腹痛が治まらず下痢(水溶便)が止まらないので、仕事を休ませていただく事にしました。
こちらの会社も心配してくれて、病院に行った方が良いと言う事になり、予約を入れてもらい行ってきました。

大きな病院にしては待合室の広さは狭く、待っている人も3~4人しかいません。
どうやら外国人も相手にしている民間医療機関(多分高額なんだろうな…)で、一般の人は公的医療機関を利用するらしいです。

診察室に通され医師から症状を聞かれて説明し、診察台で腹部を触診されて、診断結果は水と食べ物だなと言われました。(そんな事わかっているって!)
水分を多く取って柔らかいものを食べなさいとの事でした。
インドだからって特別な事は言わないんですね。

最後に便を検査するからと円筒形の容器(フィルムケースの倍くらい)渡されて、トイレに行って入れてこいと言われましたが、これが大変でした。

薬局でバカでかい薬を受け取り終了です。
海外傷害保険でカバーされているので支払いはありませんが、請求額をみたらインドの最低賃金の10日分でした。(待合室に人が少ないわけです…)

Guest Houseに戻って薬をインターネットで調べたら、日本から持ってきた抗生物質と同じレボフロキサシンでしたが、指示された摂取量は倍以上でした。

写真上:病院の外観
写真中:待合室
写真下:左側が今日もらった薬、右側が日本から持ってきた薬
Dscf2265









Dscf2267










Dscf2270

2008年9月28日 (日)

インド出張7日目

仕事が終わらず今日も出勤です…
ところが朝食を取った後から腹痛に見舞われ、会社に着いたら痛みが増してトイレに何度も行く事になり…
下痢だけでなく熱も有るみたいでした。
とにかくお腹は痛いし、なんぎくてたまりません。

サーバントが作ってくれたインドのお粥
Dscf2264

2008年9月27日 (土)

インド出張6日目:Terrorism

いつも通りインドの会社は土曜日も稼働日です。
欧米系の会社は休みなので、道路は空いているはずなのですが今日はそんなでもありませんでした。

ところで、2週間前にデリーで爆弾テロが有り、22名が亡くなりました。
海外安全情報では今週末はムンバイが次のターゲットとの情報があるので、気をつけるようにとの事でしたが、情報とは違い今日デリーでまた爆弾テロがあり7名が亡くなりました。(ムンバイじゃなかったのか?)

場所は1月の出張時に行ったデリー南部の世界遺産クトゥブ・ミナールの近くでした。
2週間前のテロでは先月の出張で訪れた場所にも、爆弾が仕掛けられていたとの事で、デリーの主要観光地には恐くて近づけません。

しかし恐いのはテロだけでなく、モンスーンが早期に来て降雨による水溜まりで蚊が多く発生し、デング熱と言う病気がGuest Houseのあるグルガオン地区が一番流行っているらしく、8月末時点で213人が発症し2人が無くなったそうです。
未確認情報ですが、会社にも感染者が出たそうです。

会社のインド人から聞いた話では、グルガオン地区は建設ラッシュで、地方からの労働者が多く、劣悪な住環境が原因とのことでした。
感染源はデングウィルスを持つ蚊に刺されることで感染するらしいのですが、最高気温が35℃近くまで上がるデリー近郊では、長袖って訳にはいかないので虫除けスプレーぐらいしか対策しようがありません。

今日の夜食:サモサ
やっぱり中身はゴンダとポコラと同じです…

Dscf2258

2008年9月26日 (金)

インド出張5日目

今日も夜食シリーズ…
今日はBread Pakoraでした。

簡単に説明するとカレーパンです。
中身(ジャガイモがメイン)は昨日のゴンダやサモサと同じで、皮が違うだけです。

実家では餃子をした翌日がハンバーグ、翌々日がメンチカツで、中身を使い回す三段活用と似ています。
Dscf2255

2008年9月25日 (木)

インド出張4日目

今日の会社の夜食はゴンダ(Gondaでゴン太君じゃない)でした。
中身はほとんどサモサと同じで、サモサとの違いは外側の皮がパリパリか、柔らかいかので、餃子に例えれば揚げ餃子か焼き餃子みたいなものです。

今月から社員用のおやつと夜食は無料になったそうです。(羨ましい…)

Dscf2248








Dscf2249

2008年9月24日 (水)

インド出張3日目

税関での袖の下の相場がどれくらいなのか、会社のインド人マネジャーに聞いてみました。
私たちが払った50USDは平均値らしいのですが、インド人だったら交渉でもう少し値切るそうです。

また、税関も監視カメラがあって堂々と巻き上げる事が出来ないそうです。(当たり前か…)
今度から電子部品のハンドキャリーは、絶対断るようにします!

インドにも売っているキットカット
Dscf2234

2008年9月23日 (火)

インド出張2日目

会社に出社したらこちらの責任者が、昨日は税関で大変だったようだね荷物はどうなった?と笑いながら聞かれました。

一部始終を説明したら、袖の下を払うなんて思いっきりインド風だなと言われましたが、こっちから“これでお願いしますぜダンナ”と言ったわけではありませんし…

結局Dutyと領収書が無い袖の下も、インドの会社が払ってくれる事になりました。
この辺の処理は融通の利かないどこかの会社とエライ違いです…

2008年9月22日 (月)

インド出張 1日目

今年6回目のインド出張です…
まさか今年6回も出張になるなんて思ってもいませんでした。
6回目にもなると、そうそう驚く事も無くブログネタに困るかと思ったら…

よく二度有ることは三度有ると言いますが、悪い事はそれ以上に続くモノです。
出張初日なのに良くないことが六つも有りました。

1.座席変更不可
事前に予約していた席の隣が他の乗客で埋まっていたので、自動チェックインする際に隣が空いている席へ変更しようとしたら受付できないと表示が出て、変更できませんでした。

2. エンジンスターター故障
飛行機が定刻通り出発したと思ったら、エンジンスターターの故障でエンジンがかからないと言う事で、またPITに戻って修理をするとアナウンスがありました。(自動車で言えばセルモーターが壊れた様なモノですね)
結局修理ではなくエンジンスターターを交換するとの事で、出発が一時間遅れました。
考え様によってはDockに入らずPitで、しかも一時間で交換してしまうJALの整備士はスゴイと思います。
もしくは反対に、整備が悪いからこうなるの、どちらかですね。

3. お隣に座ったインド人
私より先に席に着いていた隣の人はインド人で窓側の席でした。私はトイレに行くとき面倒が無いように通路側を予約しておいたのに、景色が良く見えるから自分の席と替わってあげると執拗に話しかけてきました。

しかも体臭がスゴクて8時間もガマンできるか心配していたら、友達が反対側にいるからそちらに移るとの事でいなくなり、ラッキーと思っていたのもつかの間で、別のインド人がやってきてアルコールが入るにつれて絡んでくるようになり、相手をするのが大変で中途半端に日本語がわかるのが曲者で、めんどうくさくなって“まあいいや”って口走ったら、“まあいいやじゃ無い”と怒られました…
おまけにワインはこぼすし、まったく…

4. Arrival Card(入国カード)
Arrival Cardは事前に用意し記入済みでしたが、飛行機の中で配られたArrival Cardは先月と書式が替わっていました。

旅行代理店から戴いた記入例も前の書式のままで、気づかないで前の書式のままImmigrationに提出したら、そこでも足止めを食らうところでした…

5. 空港の税関
これが一番大変だったかな…
預けた荷物がなかなか出てこなくて、最後の方でした。
いつもは荷物を受け取って直ぐに税関を申告無しで通り抜けるのですが、私服のおじさんが荷物を持っていこうとするので、てっきり空港のポーターかと思ったらX線検査装置に通せとの事でした。
私のスーツケースは大丈夫でしたが、同僚が中に入れていた仕事で使う電子部品、基板が申告の対象らしく、別のテーブルに連れて行かれました。
私たちを引っ張っていったおじさんはムキになってこれは重大な問題だと脅してきます。

同僚は英語が出来ないのでお前が通訳しろと一緒に連れて行かれ、関係ないはずの私のスーツケースも開けさせられて、中身をチェックされました。
(お前のは食べ物ばかりだなと言われ、余計なお世話です)

同僚はこんな事もあるかと思いINVOICEを用意していましたが、こんなに安いはずが無い関税を400USD払え、もしくは調べるからスーツケースを預かるので明日取りに来いと言われ、やり取りしているうちに100USDで良いという事になりました。

会社に連絡して翌日に取りに来ても良かったのですが、レシートも発行してくれるというので100USDを払う事にして、その内訳を聞いたら50USDを銀行に、50USDを税関に払えとの事でした。

この税関に払う50USDはいわゆる“袖の下”で、パスポートに挟んでよこせ言われ、当然レシートは発行されません。
税関のOfficerがお金を挟んだパスポートを受け取ると、机の下で回りから見えないようにお金を抜き出しポケットに突っ込んでいました。

結局INVOICEが有っても何の役にも立たず、税関職員のさじ加減一つで関税が決まり、おまけに袖の下まで取られ完全に彼らの臨時収入に貢献しただけでした。

6. スリッパ
Guest Houseでスリッパに履き替えようとしたら、飛行機の中に忘れてきた様です。
明らかに自分のミスで早く隣の逃れたいと言う気持ちが先行し、スリッパの事をすっかり忘れていました。

と言う事で思いっきり出鼻をくじかれた初日でした。

写真はエンジンがかからなくなったジャンボとヒマラヤ(どれが何なのかわからないけど)

Dscf2228










Dscf2229

2008年9月21日 (日)

弥彦山ヒルクライム

今日は弥彦山ヒルクライムがありました。このブログを始めるきっかけでもあるイベントだったのですが、前にもご報告した通り練習不足のためエントリーしませんでした。

午後からFin’sに寄りthe endさんに状況を伺ってきました。
朝方長岡はスゴイ雨で、心配されていた天気は小雨程度だったそうです。
昨日の天気予報ではなんとか持ちこたえそうでしたが、レインKさんの雨雲の引きの方が強かったみたいです。
参加するイベント5連続で雨なんて…
これからはKingではなくGodに改名しても良いくらいですね。
リ便ジャー2氏が本当にビジネスにしそうなくらいの確率です。

koさんのブログによると、下山までの待ち時間は雨で寒かったそうです。
koさんは自己目標を達成し、S原君は大躍進で上位入賞したとメールが届きました。
昨日90kmも走ってしまったS山君は、会場に現れなかったそうです。
もしかすると昨年同様、朝の雨で中止になったと思ったのかもしれません。

2008年9月20日 (土)

9月20日の練習(東北中学)

今日は昼間暑かったので、武道場の中は熱がこもっていて汗がダラダラ出てきました。

ジュニア教室
今日も練習の8割くらいがコーディネーショントレーニング(マリオネットなど)で、最後に太極1と平安1の練習でした。

一般の部
最近よくやっている自転車のチューブを使って肩胛骨の動きを良くするダイナミックストレッチ、股関節伸展のスクワットをした後に型の練習です、三戦、転掌、太極1、平安1、撃砕小をしてそれぞれの分解説明をしていただき終了です。

今日の練習もいじられがいがあったね、K祐君&T君。

Dscf2217

一人Saturday Morning Ride 山古志(金倉山)

月曜日からまたインドに出張で、しかもグランフォンド糸魚川の前日に帰国という超ハードスケジュールです。

走れるうちに走りたかったのと、きつめの坂を上っておきたかったので虫亀-小栗山経由で金倉山に行ってきました。

虫亀を過ぎて小千谷方面に下り、小栗山の入り口で一つ目の激坂を上って東山小学校の先に二つ目の激坂があります。
ココは立ち止まると再スタートが出来ないほどの急な坂なので、ダンシングで一気に上ります。

この激坂を上って直ぐに、稲架木(はさぎ)に稲がかかっていました。

今朝はピーカンで走っていて気持ちが良かったです。

Dscf6331

















Dscf6339


















Dscf6347

2008年9月19日 (金)

リムプラグ

Fin’sでDura-Aceホイールの暫定対策(これが恒久対策とは考えられない)として、リムプラグからリムテープに交換していただきました。

重量を量ったところ、リムプラグ:9 g、リムテープ:46 gでした。

片輪あたり18.5 g重くなり、自分の走りに影響しないとわかっていても実際量ると複雑な感じです。

2008年9月18日 (木)

長岡市親善陸上大会

親善陸上大会は長岡市全小学校の6年生が陸上競技場に集まります。
さすがに全市の6年生が集まると壮観です。

心配されていた天気も前日の予報とは異なり、一日中良い天気で思いっきり日焼けしました。

息子は宮内小学校の選抜として走り幅跳びと400mリレーに出場するので、有給休暇を取得しニコットの社長からサンニッパ(300mm, F2.8)を借りて準備万端で撮影に行きました。
会場で撮影許可の申請をして、許可証(シール)をいただくとトラックサイドで撮影が出来ます。

回りを見渡すと写真屋さんがたくさんいます。やはりデジタル一眼が圧倒的に多かったです。
今日は自分の子供だけ撮れば良いので、動き回らずに済みますがレンズが重たいのと、ずーっと陽に当たっていたので疲れました。

私は小学校から高校まで陸上部で小学校6年の時は、新潟市の陸上記録会と総体に400mリレーと100mに出場していたので、息子が陸上の大会に出るなんて、何とも言えないうれしい気持ちでいっぱいです。

Dscf2205

2008年9月17日 (水)

9月17日の練習(宮内)

基本練習をした後、前蹴り、横蹴り、コーディネーショントレーニングをして、先週と同様に太極1と平安1の練習を男の子と女の子に分けて、それぞれ上級生が下級生に指導をしました。

大人がそれぞれサポートにつき、私は女の子チームを見ていましたが、一番下の子も順番は覚えていて、上級生が下級生の指導をちゃんとしてくれたので、手がかかりませんでした。

最後に男の子/女の子チームがそれぞれ型の演武をして終了です。

掃除をした後、元気が残っている子供達はフラフープを使ったコーディネーショントレーニングで遊んでいました。

宮内の練習は最後に鬼ごっこなどの遊びがあるので、これを楽しみに来ている子もいるみたいです。

I先生から聞いた話では、東京あたりの小学校では鬼ごっこが禁止されているそうです。

理由は鬼が走って捕まえに行ったとき、止まる事が出来なくて相手にぶつかってしまうそうです。

空間能力、定位能力が低下していて危機的状況にあるらしいです。

家に帰ってから外で遊べない状況だと、スポーツ少年団に所属している子供達は、体を動かしていますが、それ以外の子供達は体育しかないみたいです。

Dscf2181









Dscf2186








Dscf2188

2008年9月16日 (火)

DURA-ACEホイールWH-7850-C24-CL無償修理

どうしてリコールにならないか不思議です?
私の知り合いはコーナーリング中にパンクして落車、怪我と自転車も傷ついてしまいました。
幸運にも後続の車が無かったので轢かれずにすみましたが、命に関わる不具合だと思います。

シマノのWeb Siteには“直ちにご使用を中止し、ご購入された販売店または下記フリーダイヤルまでご連絡ください”とあるにも関わらず、平日 午前10時~12時 午後1時~5時、土・日・祝日はFAXのみの受付という非常に甘い対応です。

フリーダイヤル電話をして対応内容を確認したら、リム内面の形状不具合に対策としてリムテープを使用するとの事でした。
暫定対策としては良しとしても、恒久対策はどうなるのかと聞いてみたところ、恒久対策もリムテープで、この先も対策内容を変更する予定が無いとの回答でした。

ちょっと待てよ、このホイールは軽量化のためリムテープの替わりにプラグ使用しているのがセールスポイントのはず、不具合の原因であるリム内面の形状変更を行わないのはどうしてなんでしょうか?

原因や対策内容の詳細情報も提示されないなど、シマノの不具合対応は課題が多いと感じざるを得ません。

2008年9月15日 (月)

ポカリスエット ジュニアスポーツ教室

今日は稼働日でしたが、有給休暇を取得して長岡市体育協会主催のポカリスエット ジュニアスポーツ教室に参加してきました。
スポーツ少年団の指導者&保護者は講演を受講、子供達は子供スポーツクリニックに参加です。

子供スポーツクリニックは、“①走る&跳ぶ、②投げる&打つ、③蹴る、④バランス&すばやさ”から選びます。6年生の長男は今週親善陸上大会に走り幅跳びと、400mリレーに出場するので、“①走る&跳ぶ”を、空手組の娘とその友達は“④バランス&すばやさ”を選び、それぞれのコーディネーショントレーニングをした様でした。

指導者&保護者の講演演題は、「知っておきたいスポーツ活動と水分補給」「すべての子どもたちをグッドアスリートにさせる秘訣」でした。

熱中症を予防するために水分補給が重要な事は、なんとなくわかっていましたが、具体的な摂取量、頻度などを教えて戴き参考になりました。
後半の講演はコーディネーショントレーニングが勝敗にこだわらず、体を動かす事の楽しさを子供達はもちろん、スポーツ少年団の指導者や保護者が理解する事が重要であるという、導入部のお話でした。
今日の設定時間では足りないみたいで、別の機会に改めて受講してみたいと思いました。

コーディネーショントレーニングは子供達が楽しく運動出来る、運動が苦手な子も体を動かすのが楽しくなる、まさに新武会のベクトルにピッタリだと感じました。

2008年9月14日 (日)

一人Sunday Morning Ride東山トレーニング

今日はFin’sの八方台ヒルクライムですが、家族と出かける約束をしていたのでヒルクライムには参加しないで、時間まで東山トレーニングにしました。

家族と約束をしていなくても、ヒルクライムには参加しなかったかもしれません。
出張が続いていて満足に走っていないので、先週の八方台もグダグダだったし、サイクリングや練習なら良いけど、レースにはきちんと練習してから出たいですから…
と言う事で来週の弥彦ヒルクライムも参加しない事にしました。

青木(高町)経由で東山へ。
昨夜三戦の練習をしたので、肘/手首/膝/足先の角度を三戦のイメージで乗ってみました。

Dancingで効果があるのは確認済みだったので、Sittingではどうか…
意識しないと肘の角度を維持するのは難しいですが、Sittingでも良い感じで上れた気がします。

東山は三連休のせいか、キャンプしている人が沢山いました。

Dscf6312

2008年9月13日 (土)

9月13日の練習(市民体育館)

本当は東北中学の武道場ですが、鍵を開けるときに鍵が折れてしまい中に入る事が出来なくなり、急遽市民体育館に会場が変更になりました。

ジュニア教室
練習の7割がコーディネーショントレーニングで、今日も男の子/女の子対抗リレー(女の子チームが勝った)をして、最後に型の練習で太極、平安1をして終了でした。

一般の部
今日も木曜日と同様に三戦、転掌の稽古です。
三戦、転掌を一通りやった後分解説明をして戴き、三戦の進み方で剣道場を往復し、ガッツリ三戦づくしでした。

写真はリレーで負けた男の子チームのバツゲームで、全員肩組をしての腹筋です…

Dscf2165







Dscf2169

2008年9月12日 (金)

自転車通勤トレーニング

久しぶりに会社の帰りにS原君と一緒になりました。
千切れてしまうかもしれないけど、信濃川土手トレーニングです。

黒条から信濃川土手に上がり、前回は蔵王橋までの間を40km/hで巡航しましたが、ここで頑張ってしまうと、後が持たなくなるので36km/hで巡航でした。
これならなんとかついて行けます。

蔵王橋から長生橋までは、散歩やトレーニングしている人がいるので軽く流し、夕日が綺麗でした。

長生橋から左近までは再び負荷をかけますが、前半セーブしたおかげで千切れずついていく事が出来ました。

S原君は通勤のときもハートレートで心拍数を確認しながら走っているそうです。

今週は天気が良かったので、今年初めて月曜から金曜まで自転車通勤が出来ました。

2008年9月11日 (木)

9月11日の練習(勤労会館)

ジュニア教室
今日も最後に男の子/女の子に分かれて型の練習でした。
女の子3人は練習が終わってお母さんが迎えに来るまでの時間、撃砕小の練習をしていました。

一般の部
今日も先週と同様に、ダイナミックストレッチで肩胛骨の動きを良くし、股関節伸展のスクワットを3種類ほどしてから型の練習です。

今日は三戦、転掌の稽古です。
三戦、転掌を一通りやった後分解説明をして戴き、手取りの説明と実際にやってみて三戦の意味を体で体感します。
ただ形だけまねしても全然意味が無い事が良くわかりました。
頭でわかっていても、肘の位置/角度が自然と開いてしまいます。
これはもう練習するしかないですね。

それにしても、ダイナミックストレッチとスクワットは、そんなに多くはしていないのですが後から肩の内側の疲労感が出てきました…

Dscf6296









Dscf6298

2008年9月10日 (水)

9月10日 の練習(宮内)

今日はコーディネーショントレーニング中心の練習でした。

子供達は走り足りないとの事だったので、ハイハイ、熊歩き、男の子/女の子対抗リレー(女の子チームが勝った)などをして、土曜日と同様に型(太極)の練習を男の子と女の子に分けて、それぞれ上級生が下級生に指導をします。

掃除をした後、元気が余っている子達が凍り鬼をして終了です。

Dscf2151

2008年9月 9日 (火)

生徒会長金子

娘の担任の先生は、生徒会長金子の物まねをしながら児童を注意する事があるそうです。
なかなか洒落のわかる先生です。

授業参観の時に見てみたいです。お願いします。

2008年9月 8日 (月)

稲刈り

稲刈りをした訳ではなく、今朝自転車通勤のとき稲刈りされた田んぼの脇を走りました。
そう言えばSaturday Morning RideにHDMさんを誘ったとき、土曜は仕事で日曜は稲刈りと返事がありました。
まだ9月の上旬なのに稲刈りってのは、早い気がします。

昨日の撮影でGさんは筋肉痛が大変らしいです。きっとニコット社長もヒーヒー言っているかも…
私はそれなりに疲れましたが、階段の上り下りが厳しくなるほどではありません、今日も自転車乗れたし…でも、明日になって筋肉痛になったらどうしよう…

Sn340185

2008年9月 7日 (日)

運動会撮影

今日は写真屋さん(ニコット)から、保育園運動会の撮影を頼まれて行ってきました。
運動会の撮影は二人で撮ってギリギリなんですが、昨年までは1週ずれてやっていた同じ系列の二つの保育園が、今年はナント同じ日になってしまいカメラマンが足りなくなりました。

片方の園は以前写真業界にいた事がある先生がいるので、後一人足りません。
先月のお祭りの打ち上げで、ご近所のGさんにこの話をしたら手伝って戴ける事になりました。

Gさんは写真に関わる仕事もした事があり、Nikon F5を持っていて私の知り合いで一番頼りになる人です。
Aチームがニコット社長とGさん、Bチームが保育園先生と私の組み合わせとなりました。

前にも書いた通り体育館でのフラッシュ撮影は、設定に気を遣います。
ニコンのカメラはプログラムモードでのフラッシュ撮影は、プログラムシフトが出来ず絞りが固定されてしまい背景が暗くなってしまうのと、体育館の窓が画面にはいるとそこの光に引っ張られるので、Aモード+中央重点測光が基本になります。

長岡は昨日から不安定な天気で、オーバーになったと思ったら、アンダーになったりと、光の具合がコロコロ変わります。
10時頃からものすごい土砂降りと、雷でまた水があふれるのかと心配しました。

撮影が終わり集合したらニコット社長とGさんは、立ったりしゃがんだりの強制スクワットでだいぶ足にきている様でした。

私は自転車と股関節伸展のスクワットのおかげで、疲れた程度済みましたが二人は明日/明後日あたりがきつそうです。

今日の撮影を終えて3人の共通意見は、デジタル一眼レフが欲しいでした…
一番痛感するのはフィルムチェンジがいらない、高感度撮影が可能の2点でしょうか。

ただ、ラチチュードの狭さがどの程度なのか気になるところですが…

2008年9月 6日 (土)

9月6日の練習(東北中学)

ジュニア教室
夕方の土砂降りの影響か、子供達は少なめでした。
準備運動をした後、夏休み明けなので基本稽古中心でした。
各種突きで合計100本突き、コーディネーショントレーニングをして、最後は型の練習です。

男の子と女の子に分けて、それぞれ上級生(A君とK君)が下級生に指導をします。
N沼先生と私が男のチームをサポートするのですが、以外にもA君は上手に指導をしています。また、教えられる下級生も素直に聞いていていました。

一般の部
自転車のチューブを使って肩胛骨の動きを良くするダイナミックストレッチ、股関節伸展のスクワット、股関節の動きを良くする動作などをした後に、木曜日と同様に三戦、転掌を一通りやった後、分解説明をして戴き、最後に撃砕小をして終了です。

今日は久しぶりに丸一日ガッツリ体を動かしました。

Dscf2135







Dscf2137

Saturday Morning Ride 八方台-杜々の森-山古志

久しぶりのレギュラーシリーズのSaturday Morning Rideです。
今日はthe endさん、I井さん、S山君と私の4人でした。

八方台は3ヶ月ぶりでした。
やはり乗っていないので直ぐに千切れてしまいました。
森立まではなんとか大丈夫でしたが、そこからはグダグダでした。

the endさんは用事があるとの事で八方台で別れ、私たちは山古志方面へ行く事にしました。
ボトルの水が無くなったので、森立から少し栃尾寄りに下がったところにある湧き水で補給し、杜々の森でコーラ休憩です。

杜々の森から半蔵金に出て上りステージ再開です。
中道屋で休憩し羽黒トンネルまでしばらくアップダウンが続きます。

まあまあ良い調子で走っていたら羽黒トンネル手前の緩い上りで、工事車両を通すために交通誘導員に止められて、くじけてしまいました。

トンネルではI井さん、S山君が先行しトンネルを抜けて左に曲がって小栗山経由金倉山に行ったらどうしようと思ったら、右折してくれたので助かりました…
(金倉を上がる足が残っていなかった)

虫亀の手前ではもう少しふくらはぎが痙りそうになりましたが、なんとか持ちこたえ後は下りのみです。

久しぶりに長めの(70km)距離を走り、良い感じの疲労感です。
家に着いてから1時間後に雨が降り出し、危ないところでした。

I井さん、S山君お疲れ様でした。

Dscf6291








Dscf6292

2008年9月 5日 (金)

English Conversation

金曜日は仕事が終わった後、会社が運営している英会話センターに通っていますが、9月からの3ヶ月間は社内にある英会話教室にも行けることになりました。

週2回の各90分の授業で、行けない日は別のクラスを受講しなければなりません。(サボれない)
また、毎回宿題も出ます。
稼働時間内の授業なので、お金をもらって勉強させてもらっている事になります。

会社で良い事ってなかなかありませんが、たまには良い事があります…

2008年9月 4日 (木)

9月4日の練習(勤労会館)

ジュニア教室
私が稽古場に着いたときは、撃砕小を練習していました。

一般の部
久しぶりにI先生とマンツーマンで始まり、途中からSさんが加わり3人での稽古でした。
今日は三戦、転掌、撃砕小の稽古です。

最初にダイナミックストレッチで肩胛骨の動きを良くし、股関節伸展のスクワットを3種類ほどしてから型の練習です。

三戦の練習に入る前に常足(なみあし)の説明を受け、三戦との共通な事を教えて戴きました。
三戦、転掌を一通りやった後、分解説明をして戴き、最後に撃砕小をして終了です。

Dscf2128

2008年9月 3日 (水)

9月3日の練習(宮内)

夏休みも終わりいつもの人数に戻りました。
体育館の中の温度も、だいぶ過ごしやすくなった気がします。

久しぶりの子が多いので基本稽古を長めにし、その次にジャンケンを絡めたコーディネーショントレーニングをしました。

休憩の後はキックミットで前蹴り/回し蹴りをし、最後に凍り鬼をしました。

Dscf2125

2008年9月 2日 (火)

1ヶ月ぶりの自転車通勤

昨日は出張に持って行ったパソコンがあったので車で通勤でしたが、今日から自転車通勤復活です。
朝晩涼しくなったとはいえ、今日は蒸し暑くゆっくり走っても汗が吹き出ました。

帰りは無灯火で逆走してきた高校生とぶつかりそうになりました、しかもその高校生は携帯を操作しながらでした。あービックリした。

2008年9月 1日 (月)

今頃になって…

昨日からお腹の調子が悪く、しかもいやな痛みがあり、今朝になっても改善しないので病院に行ってきました。

医師に“今日はどうされましたか?”とお決まりの質問を受け、状況と症状を説明したら“また来たか”みたいな感じで笑われました…アハハ…

“検査しますか?前回はカンピロバクターが検出されたけど…”と言われ、やったところでどうなるものでもないので、止めておきました。

医師の所見によれば、インドで感染していればもう少し早く症状が出ているはずで、今回は疲れで体力と抵抗力が落ちて日本で何かに感染したのではないかとの事でした。
あーあ。

犯人はこいつらか…
Dscf2113

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »